• ホーム
  • 勃起不全の治療と不妊治療にもシアリスは使われる

勃起不全の治療と不妊治療にもシアリスは使われる

ビンに入った薬

一般的に、不妊の原因として考えられるケースは男性側の原因と女性側の原因と二つのケースが考えられます。
男性側に原因がある時には、まず本当に勃起をすることが出来るのか、そして勃起をすることが出来たとしても精子を作ることが出来る力がきちんと存在するのかを確認しなくてはいけません。
特に、勃起不全に陥っている人は精子を作る力そのものが弱っているケースが大半であるためシアリスなどを利用した勃起不全の治療をしっかりと進めていかなくてはいけません。

なぜ勃起不全になると精子を作る力が弱くなっているといえるのでしょうか。
これは、勃起をする力と精子を作る力が同じホルモンによって成り立っているからにほかなりません。
基本的に勃起をするためにはいくつかの条件がきちんと合致していなくてはならないのですが、その中でも非常に重要な役割を果たしているのが男性ホルモンの存在です。
男性ホルモンが不足していると勃起をする力が弱くなってくるのと同時に精子を作る力も弱くなってしまうため自然と勃起する力がなくなります。
実際に、代謝機能を良くして血液のめぐりを量化させたとしても、十分な男性ホルモンが分泌されていないと人間は勃起することができなくなります。
ですから、男性ホルモンの分泌を促してかつ血中濃度を変化させることは不妊治療にとっても非常に重要になるのです。
シアリスを利用すれば自然な形で勃起することが出来る可能性が高くなり、しかも薬の効果が最長で約36時間も持続するというメリットがあります。
薬の効果が持続している間は性的な刺激を局部に受けることによってきちんと勃起することが出来ますので、不妊治療の一環としても重要な役割をはたすことが出来るのです。