• ホーム
  • シアリスと併用してはいけない薬

シアリスと併用してはいけない薬

錠剤を飲もうとする男性

シアリスは長時間作用型のED治療薬として有名で、最大で36時間も効果が持続することから、性行為のタイミングが合わせにくい場合や、デート後にパートナーと肌を合わせる、飲んでいる所を見られたくないという人にピッタリの薬です。
ED治療薬はその全てに併用禁忌薬があることが有名で、単体であれば効果的な働きをしてくれますが、特定の薬剤と一緒に使用すると命にも関わるので、必ず禁忌薬を確認してから使用しなくてはいけません。
病院で処方を受ける場合、現在治療中の病気があればその申告、服用している薬があれば、それが分かる薬品名が分かる袋などを持参して見せましょう。
個人輸入で購入した場合、かかりつけの医師に使用しても良いか確認することも大切です。
まず、シアリスと併用してはいけない薬として、高血圧症の治療で用いられるニトログリセリンを使用した硝酸剤が挙げられます。
この薬は急激な降圧効果を発揮しますが、シアリスとの相乗効果によって更に血圧に大きな負荷がかかるため大変危険です。
過去には命を落としたケースもあるので、絶対に併用してはいけない種類となっています。
飲み薬以外の吸入薬、塗り薬、スプレーなども全て同じで、硝酸剤であるものは全て禁止されます。
また、アデムパス錠も同じように血中濃度を増加させ、全身の血圧に大きな影響を与えるので禁止となっています。
その他の降圧剤としてカルシウム拮抗薬、ARB、αβ遮断薬、ACE阻害薬などがありますが、シアリス自体に血圧を低下させる働きを持っているため、併用すると血圧のコントロールに多大な影響を与えることがあります。
禁忌とはなっていませんが、要注意とされている種類のため、医師に確認をとってから使用するようにしましょう。